2007年02月21日

人にモノを説明するのが好き。

特に、そのことが分からない人にいかに身近な経験として理解させるか。
そういう事に萌える男です(笑)
単純に言えばプレゼン能力ですけどね。

以前に書いたお話。
僕のお仕事-フォントの話-
なかなか好評で「分かりやすい!」と言っていただけてます。
モノを説明して上手く言った時って、その事柄を知らない人より、知っている人の方が褒めてくれますね。自分が知っているからこそ、説明のプロセスのみに視点が向いてるのでしょうか。

で、今日はまた別のクライアントに聞かれた話。
この人はもうPCなんて全然わからないけど、なんとかメールとワード・エクセルぐらいは使える人です。

「すいません。なんで、圧縮しないとメールに添付って出来ないんですか?」

来ました来ました。
業界にいれば当たり前の事も、知らない人にとってはわからないこと。そんな質問は時に業界人をドキっとさせる。子供がする質問に大人がドギマギするのと一緒ですね。

例のごとく、「う〜ん」と唸ったあとの僕の回答。
===========================================
それはたぶんですね、佐藤さん(仮名)が、PC内の"フォルダ"を「箱」だと認識しているからだと思います。それでも問題はないんですけど、実情はちょっと違うのです。
PCというものを、底面積の大きな一つの箱だと思ってください。
深いものではなく、浅く広く大きい箱です。
PCにおける"フォルダ"とは、その中で線を引いてエリア分けをして名前をつけたものなんです。だから、たとえば画像や文書等のデータはエリアの中でバラに置いてあるのです。だから、すぐに取り出せるし、すぐにそこに置けるんですね。

では、例えばその大きな箱にある複数の物を宅急便で送ろうと思ったら、そのままでは遅れないですよね。袋を用意したり、段ボール箱を用意したり。それが、圧縮という作業なのです。段ボールにつめる時に、なるべきたくさんのものをいれらるように無駄なくスキマを減らして詰め込みますよね。そして、ガムテープで止めるので代わりにすぐに取り出せなくなる。圧縮も同じですよね。一度解凍しないと、すぐに中身は取り出せません。でも、そうすることによって、バラバラにおいてあった時より使うスペースが少なくてすみます。段ボールに詰めるとの全く同じですよね。「一つのエリアの中で複数のアイテムを、一つにまとめて、一つのアイテムとしてしまおう」ということなんです。
===========================================

結構ね、僕もドキっとするんです。
う〜んって唸ってるぐらいですから。5秒くらいだけど(笑)
このたとえ話が浮かんだ時が、一番ウキウキしてますね。

他の人でも分かりやすいのかな。


posted by 総さん−ソウサン− at 21:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック