2007年02月17日

辛い時は現在地に戻るといいよ。

最近、僕の周りは落ち込んでいる人が多いです。
自分が原因だったり、相手が原因だったり、原因不明だったり。
そういうことを聞くのは辛いですねぇ。
できることなら、早く元気になって欲しいですね。

でもね、聞いてると。
「もっと元気出せ!!」って思っちゃうんですよね。
あつかましいけど。
いろいろと、人は問題がありますよ。
仕事、恋愛、友達、お金。
だいたい、前二つが多いのが現代人の特徴でしょうか(笑)

僕ね、最近思うんです。
ネガティブな人って、実は贅沢な人なんですよ。
あれもこれもって求めるから、傷ついて物事をマイナスに捉える。
だって、実際のところ人の環境ってそんなに変わらないでしょう?
超一流の職人やスポーツ選手、とかでなければ。
中流の人がいっぱいなんですよ。

しかし、矛盾しているんですけど、中流の人ほどネガティブな人が多いい気がします。それが、贅沢が原因なんだろうな〜って。
だって、マイナス思考っていうけど、同じ環境なのにマイナス思考になるっていうのは、つまり原点が高い位置にあるからでしょう?「当り前」の位置が高いから、それ以下が「マイナス」になる。ネガティブの始まりって、僕はそこだと思っています。

転職活動が終わって、ある意味でハッピーな生活を送っている僕ですが、それは転職という活動をしたからであって、別にハッピーでもなんでもないんですよ。嫌なら転職なんかしなきゃいいんだから(笑)

正直、転職って辛いです。
今いる職場だって、残ってくれといわれているのにそれを蹴っているわけだから、それ相応の扱いをされるし、でも自分の居場所はいずれなくなる。そして、自分のキャリアをかけて企業と面接をし、多方から自分を査定される。嫌なもんですよ。自分を量りにかけられるって。やっぱり否定されるのは傷つくし。現職を持ちながらの転職活動でしたから、それもやっぱり大変だし。

でもね、今の業界の門を叩いた2年前の僕だったら、今受けているような企業は門前払いです。書類審査なんて通る訳も無い。それが、今は書類審査も通るようになって、相手が時間を作って僕と会う機会を設けてくれるという。2年前なら考えられません。そうなんですよ。辛いけど、今僕がこの企業の面接を受けられている時点で、結構幸せな奴なんです。

人間、何をやってもダメな時、不幸が続く時ってあります。
でもね、何をやってもダメということは裏を返せば、何かをやる機会が自分には与えられているっていうことなんですよね。冷静になって考えてみれば、世の中にはその機会を与えられない人のほうが圧倒的に多いわけです。

彼氏にフラれた、企業の面接に落ちた、友達に嫌われた。
凄く辛いけど、彼氏にフラれるためにはまず自分が彼女でなきゃできない。
企業の面接に落ちるには、まず面接まで辿りつかなければいけない。
友達に嫌われるには、そもそも信頼されていたという経験がないとできない。

何かすることがある、何か動く余地が残されているというのは、凄く幸せな事です。
もっと言うとね、五体満足で、この平和な日本という国に生まれて、毎日家もご飯も仕事もあって、週末には友達にもあえる。


ほら、これでマイナス思考って物凄く贅沢でしょ?(笑)
辛くなったときは、僕はいつもそう考えてます。

いかに、自分がいま幸せなところで生きているかって。
そうすると、大概の事には負けなくなります(笑)


posted by 総さん−ソウサン− at 23:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック