2005年04月28日

巨人人気急降下という勘違い。

ちょっと、フラれたのなんだのってそんなのばっかり書いてる場合じゃないですよ総さん(笑)
いつも通りざっくばらんに書こうじゃあーりませんか。


最近、ほんと良く叫ばれてるねコレ。巨人戦の視聴率の低下。
巨人ブランド崩落。金で集めた球団の伝統だのなんだの、ねぇ。
それが全く絡んでないとは思わないけど、根本的な問題はもっとずっと根が深いと思うのは僕だけだろうか。視聴率の低下の原因を語るマスコミや専門家を見てて、全く疑問符をつけざるを得ない。

では、巨人戦以外の野球中継はも低いながらも以前と変わらない数字を取れているのだろうか?たぶん、多少は落ちてるんじゃないかな。元々高視聴率だった巨人戦が一番煽りをくらってるだけで。だから、良く言う「巨人の成績があがれば・・・」なんてのもどうも僕には説得力に欠ける。


ほんと不思議で仕方が無いのだが、なーんで誰も言わないんだろう?巨人の視聴率低下は巨人の不人気のせいでも、成績不振のせいでも、金で集めた黒い球団だからでもなんでも無いと思うよ。単純に野球が不人気なだけ。

そんなことを言えば専門家の方々は言うだろうね。
「そんなことはわかっている」と。
で、去年の球団消滅だとか、参入拒否の話を出すんだろうね。そらそうやってファンを大事にしないような事をすれば人気は落ちると。が、僕が言いたいのはそんな浅い話じゃない。逆に言えばもっと簡単な話だけど。

野球の不人気は、もう10年以上前から始っているんだよ。
あの超高視聴率だった時からず〜っとね。
10年前。そう、Jリーグの開幕。
Jリーグこそ人気がなかったじゃないかって?
視聴率の上ではね。でも、そのJリーグの誕生で、間違いなくこの国にサッカーという文化は根付いたしサッカーに夢を見る子供も増えた。こんな話をご存知だろうか?Jリーグが始ってすぐわが国は不況になり、不人気に喘ぐ事になる。がしかし、一方で国内のトップリーグが足踏みをしているのを尻目に、サッカー競技者がどんどんと増えていたことを。底辺のサッカー競技者は実は10年前から急激に増えたらしい。スポーツ少年団もドンドン子供をサッカーチームにとられるという話を聞いた。

要は、Jリーグの試合を観る事にはさほど興味は無くとも、その風は充分にわが国を通り抜け「サッカーの楽しさ」は伝わっていたのさ。その、J開幕時代に子供だった人、10代だった人は今はもう立派な大人だ。感の良い人は僕が何が言いたいかわかったかもね。

野球の人気を支えていた世代はいくつ?
その世代での割合を調べたら、きっと一番多いのは現在中年〜初老以上の方々だろうね。同じ世代に占める野球ファンの割合って事ね。無論、僕らの世代にももう少し上の世代にも下の世代にも野球ファンは間違いなく存在する。同じように、中年〜初老世代のサッカーファンも存在するでしょうし、どの世代でも「両方見る」っていう方も多数居るでしょう。

そうだとしても、僕らの世代への「野球の侵食」とアダルト世代への「サッカーの侵食」。どちらが多く食われているかと言えば、やっぱりアダルト世代でサッカーに興味を持った方の方が割合的には多いでしょう。って、これじゃあ「サッカーて人気なんだよ」的な話になっているな(笑)

僕がずっと不思議に思うこと。
なぜ、これを専門家は言わないのか。
視聴率がここ2〜3年で急激に落ちた原因はもうずっと前から始っている野球不人気。
そして、それを数字に影響させたのは、きっとチャンネル権さ。
10年前子供だった、あるいは未成年だった方々と、その親にして絶対的な権力を当時は持っていたアダルト世代。チャンネル権の領域は火を見るより明らかでしょう。野球好きが集まっている世代がチャンネル権を握っていたのさ。で、ここ10年でそのチャンネル権は大きく変わったはず。大人になったヤング世代は親とチャンネル権で戦う事も出来るし、自室にTVを購入する人もいるだろう。はたまた実家を飛び出て、TVを完全に自分のものとしている人もいる。その上、アダルト世代でもサッカーへ流れる人も多数いるのだから目も当てられない。

ま、ここまで人気が下がるのも当然と言えば当然で、数字で現れるまで気付かなかった球団がバカだなと思うわけですよ。


この10年近くの間、サッカー界には何が起きましたか。
93ドーハの悲劇。
その悔しさを引きずったままで日本人が目にした94アメリカW杯。
95アトランタ五輪最終予選。前園の2ゴールにより28年ぶりの出場権獲得
96アトランタ五輪。マイアミの奇跡。
97フランスW杯予選。ジョホールバルの奇跡に、中田英寿の登場。
98フランスW杯。日本代表が始めてペレやマラドーナと同じ世界の舞台に立った。そして、中田はイタリアに渡り、ヨーロッパで最も有名な日本人に。
99小野、高原、稲本、小笠原、本山、遠藤ら黄金世代なんとワールドユース準優勝をプロローグに、アトランタであれだけ苦労した出場権をシドニー五輪組みは易々と獲得
2000シドニー五輪ベスト8。しかも、充分にメダルに届いた。その後アジアカップ優勝。
2002日韓W杯。ベスト16。日本初勝利、そしてグループリーグ突破。


その間、野球のお偉いさん方はなにかしてきたんでしょうか?
サッカー全て代表の活躍ではないかと言われそうだが、それこそ笑止千万。
今日の日本サッカー界は全て「代表を強くするため」に動いてきたのだから。
Jリーグがいまやっと根付いてきたのは代表というブランドあってこそのもの。
この国の人々は島国ゆえに、閉じた世界にいることにコンプレックスを持ち、世界に飛び出る人間を称える傾向が強い。「世界に通じるかどうか」というのが根本の興味なのさ。そんな中で野球はオリンピックに選手派遣をしぶり、自らの金稼ぎに腐心してましたね。「IOCの金稼ぎに協力なんかできるか」なーんて爺さんは言ってたよね。

「サッカーにはそういう舞台があったから」なんてアホなこという球団代表もいたけど、バカ言っちゃいけない。そこに出るまでにどれだけの苦労をしてきたか。弱かったんだから。ほんの20年前や10年前の人に、今のサッカー界の話をしたら夢物語だと思われるだろうね(笑)そう、日本の野球には日本サッカー界が欲して病まない、スポーツ人気において最も大事なモノを既に持っていたんだよ。

それは何かって?
決まってるよね。強さと歴史。ここまで磨き上げ、強くなった日本サッカーでさえも、世界的な位置を比較したら野球の足元にも及ばないさ。日本サッカーが世界大会で表彰台に登るのは確率的にはまだまだ厳しい。野球なら充分出来る。いま、長嶋一茂が「アジアでの交流戦」を実現する為に動いているらしいけど、遅かったのさ。その動きが。世界でも有数の野球大国である金のある日本がサッカーと同じように世界大会が開かれるのを指をくわえて見てちゃだめだよね。動かなきゃ。ま、もっとも動くべきなのは自国の優勝決定戦を「ワールドシリーズ」と呼んでいる大バカヤロウだけどね(笑)

野球日本代表。
一チームから何人までだとか、そんな制限の無い紛れも無く国を代表するチーム。
そして、そのチームが活躍できる舞台。
いま大事なのは世界に向けて何かを発信できるかどうかだよ。
それが整い、そしてそこでより質の高い発信をするための国内のハードの充実。
野球観戦を一つのレジャーとしてもっと高めないといけない。
きったないスタジアムだとか、ね。

底辺から整え、世界に発信する。
それをファンは感じるのさ。
金稼ぎだけで、やっていけるもんじゃないのはわかったはずだよね爺さんたち。
日本には宝のような選手達がいるのだから、もったいないよ。


野球ファンじゃない僕だって、興味が出てくる。
世界大会に出る野球日本代表。
押しもおされぬ4番のゴジラ松井。
イチローが帰って来て、松井稼も帰って来る。早々たるメンバーがメジャーから集い、一体誰がレギュラーになるのか?中村ノリだっているし、ピッチャーだってたくさんいる。松坂に上原に川上に和田に。高橋だって清原だっている。たった9人しかスタメンで出れないのにこんなにも役者がいる。
しかも強い事間違いなし。こんな幸せな苦悩、スポーツファンなら誰しも夢見るよ。

サッカーファンは、ちょっと嫉妬するね(笑)
とてつもなく良い素材を持っている日本野球に。
そして、馬鹿げた経営陣に嫌気もさす。


posted by 総さん−ソウサン− at 22:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アジアカップ
Excerpt: アジアカップ''本稿では男子サッカーのアジアカップについて記述します。野球についてはアジアシリーズ_(プロ野球)、卓球についてはアジアカップ_(卓球)を参照してください。''----アジアカップ(As..
Weblog: アジアカップについて
Tracked: 2005-05-08 20:54