2006年06月23日

さよならジーコJAPAN。

これ以上ないほどの大差でしたね。
これが今現在の日本の実力。
と、多くの方が仰るようにそれは間違いではありませんが、これはいくらなんでも言葉が足り無すぎる。これじゃライトなファン(いや、サッカー好きの人の目も狂わせるかも)は勘違いしちゃうじゃないか。今回の事象を正確に表現するなら、こう。


「リスクを度外視して2点以上を取りに行った日本の実力はこの程度」

これ以上でも、これ以下でもない。
そこを見逃しちゃダメさ。今回の戦いだってブラジルは集中していたし、コンフェデだって同じ。今日の試合は、特に両サイドバックが本当に頻繁に攻撃に出ていたし、他のポジションも相手が世界最強のブラジルということを踏まえればかなり前がかりなポジショニング。ブラジル相手にハナッから2点を奪いに行くようなサッカーをすれば、代償として大敗のリスクが大きくなるのは仕方ないですよ。同じようなスタイルのチェコやアメリカでも、十分に今日のようなスコアになる可能性はあったと思います。

それにしても、ブラジルは強い。
こちらがリスクを背負ってバランスを崩してでも攻めに行ったということを差し引いても、このスコアをすんなりと叩きだせるブラジル。あっぱれですわ。たぶん、ブラジルが本気で日本と同じようにリスクを度外視して(まあ、このチームは伝統的にリスクマネジメントをあまりしないチームですが・・・)攻めてきたら、強烈な攻撃が展開されるでしょう。本物を見せ付けられた気分です。

まるで、本物と、本物を真似て作った量産型チーム。
悔しいけど、こんな感じ。溢れる技術で中盤を制圧し、強力なFW陣とMFのシュート能力でその中盤を結果に繋げる。日本には、技術豊かな中盤はあったものの、強力なFWもいなければ、MFにシュートセンスもありません。この時点で、我々はブラジル代表になるのは早すぎたのかもしれない。誇るべき中盤にしても、やはりボールを持ったときのコンテンツが違う。たぶん、フリーの状態ならそんなに大差は無い。しかし、彼らはファーストタッチ、そして敵に囲まれたときのテクニックが全くモノが違う。ロビーニョやカカーなんて、そこまでフィジカル強くないし。ワンフェイクや、体の向き、ワンタッチで敵のプレスをいなし、体をぶつけさせない術を知っている。だから、半ばフリーの状態でボールを持て、プレーコンテンツが飛躍的に上昇する。まあ、この辺の差は2年前のドイツ戦の時からわかっていたことですけどね。


さて、ここからジーコJAPAN個別にレビュー。


■宮本の不在
一体どれだけの人がこれに気がついてくれるのか甚だ不安ではありますが、今日の一戦に宮本が不在だったのは本当に痛かった。昨日宮本の存在価値なんて記事をUPしたけれども、裏の不安として「これ、負けることによって宮本の大きさがわかるなんてことになったら嫌だな・・・」なんて思ってたら、本当にそうなっちゃいました。

気づきました?ブラジル戦、オフサイド一度も取れてないんです。オフサイドトラップという戦術を今までの歴史の中で幾度と無く多用してきた、フラット3なんてリスキーな戦術を選択してまで頻繁に繰り出してきた日本が、一度もオフサイドを取れていない。ラインがあがらない。ブラジルの猛攻を完全に受けにまわってしまって、サンドバッグ状態。あそこは、たとえ苦しくても、裏のスペースが気になっても勇気を持ってある程度DFラインを押し上げていかないといけない。それが出来るのが宮本だった。

オフサイドトラップって物凄く怖い。DFラインに入ってプレーしたことがある人ならわかると思うけど、あの裏のスペースをあけてグッとあがるのは、これ以上無いぐらい怖い。タイミングを一歩間違えば二列目から裏へ抜けられて即一点になりかねない。僕ならあんなリスキーなラインコントロールなんて絶対できない(笑)でも、オフサイドトラップという戦術にはそれ相応の大きな利点がある。オフサイドを取れるのはもちろんだし、前述の様にそれによって中盤のスペースを消し、連動した力強いプレッシングの土台となる。ただ、それだけじゃない。単純に敵の攻撃を中断させるわけだから、被攻撃回数を物理的に大きく減らすことが出来るし、その上マイボールとなり味方イレブンは攻められていた状態から一転、そこで一呼吸ついて自分達の攻撃から立て直せる。これは物凄い利点でしょう。

だからこそ、特に日本代表のようなチームは退いて守るときでもラインコントロールは常に勇気を持って正確に行わなければならない。けれど、坪井も中澤も敵に対応するためスペースを消そうとしてどうしてもズルズルと下がってしまう。そこを、試合を読みリスクとメリットを冷静に分析し、絶妙なタイミングで繊細なラインコントロールができるのが、宮本。日ごろからライン統率を担っていない中澤や坪井には重すぎる負担だった。オーストラリア戦、クロアチア戦、ドイツ戦、全て日本がとったオフサイドの方が多いんですよ。宮本の不在はやはり痛かった。


■やはり初戦
全ては初戦。あれがひどすぎた。
それに対して「集中力不足」だの「体力不足」だの、はたまた「守り方を知らない」という専門家がいるけど、あまりにも通り一辺倒な教科書的な反応で現実が見えていないと思う。日本人が持久力において諸外国より優れいているのはいくつものスポーツで実証済みだし、過去の日本代表もそう。集中力不足なんて、今までのどの代表よりもこのチームに一番不似合いな言葉。その集中を切らさずに幾度もの奇跡を起こしてきたのを忘れたのかい?プロの解説者の方々。「守り方を知らない」なんて、そんなの今に始まったことではないでしょう。ドーハの悲劇やフランスW杯予選で学んだのは、集中を切らさないことと同時に「日本には1点を守りきるサッカーはまだまだ無理」だったはず。「リードしていても、積極的に自分達のサッカーを」というのがこの国のサッカーの定説でしょう。

大事なのは、持久力に優れるはずの選手達がなぜ足が止まってしまったのか、なぜ畳み込まれるように失点をされてしまったのか。なぜ、最後までファイトできる長所を持っていた選手達の集中が切れてしまったのか。そこについて分析しなければ専門家の意味が無い。僕はやっぱりそれは、ヒディングの狡猾な策略であったと思うし、それに対するジーコの無策・無謀だったと思うし、もっと言えば、「3トップ相手に3バック」「自分達の能力を否定する5バック」というこの2策による「自分達のサッカーを見失った」ものだと思う。初戦の戦略性のなさ、無謀さについては既にジーコの戦術論に未来はあるのか。ヒディングは采配より戦略を評価すべき。で散々書いてきたので、ここでは控えます。


■中田英寿
やっぱり、どうにも彼の能力に改善が見られない。
内容は以前に書いた中田英寿の憂鬱。今大会においても、中田の存在は絶大であったし、必要不可欠だった。けれど、それは経験やメンタルによる部分が大きく、ボール持ったときのコンテンツが良くない。今大会にしても今日のブラジル戦にしても、ボールをキープしていても危なっかしかったり、パスミスが多かったり、サイドチェンジのパスが敵に引っかかったりと、らしくないプレーばかり。小野なら、たぶんこれらのことは安心し見ていられると思う。

ジーコや他のファンは彼を攻撃的なポジションに置くことを期待するが、どうなんだろう。僕にはどうにもそこから効果的な動きができる絵が想像できない。中田が華麗なテクニックで敵を翻弄?柔らかいタッチでボールコントロール?鋭いドリブル突破?テクニカルなミドルシュート?どれもここ数年見た記憶が無い。全て小野か中村俊輔か、松井大輔の方が期待できる。

今大会を通して、やはり確信に近い思いがある。
中田は確実にサッカーが下手になった。トラップがぶれる。ボールの扱いがスムーズじゃない。ドリブルの軌道が乱れる。今の中田はテクニシャンとも呼べない。惜しみない運動量や、激しいアタック等どうみてもファイター型のMFだ。柔らかいタッチでボールをコントロールし、中村俊輔や小野とはまた違う驚異的な空間把握能力を駆使し、まさに「トラップは自分へのパス」のお手本となるような絶妙な置き所を捉えたトラップから、天才的なボールのキャッチ&リリースでのドリブル突破。そして、敵陣の隙間をつくスルーパスに、高い決定力を誇る絶妙なミートからのシュート。あの頃の中田はどこへ行ってしまったんだ。

僕のこの講釈が大げさだと思うなら、ペルージャ時代のビデオやフランスW杯予選・本戦のビデオ、首都圏にお住まいならnakata.net cafeにでも行って見て欲しい。僕が書いた上記のセリフが嘘じゃないとわかるから。付け加えれば、この当時のビデオを見てビックリすると思う。中田は結構速い。スピードがある。この当時の中田なら、どんなライバルが現れようとトップ下のポジション以外考えられないと思う。

やっぱり、筋肉をつけすぎたのだと思う。
ロビーニョもカカーもロシツキーもそんなに筋肉質な体じゃない。中田だって、当時のビデオをみると今よりふっくらしている。中田には、一度代表のことを忘れてほしい。そしてリーグやチームのレベルを落としてでも自分が王様になれるチームへ移籍して、ほどよく筋肉を落とし、テクニックとフィジカルの奇跡のバランスを取り戻して欲しい。そして、あのころの様にサッカーを楽しんでいた"ヒデ"に戻って欲しい。今の経験、価値観にあの頃のプレーコンテンツが戻れば、次の大会でも必ず必要なMFになる。サッカーを楽しめ、中田英寿。


■三都主(加地)
なんだろう。
今大会を通して、かれはさほど悪くなかった。
三都主の突破でできたチャンスもあったし、パスワークに参加したときも悪くなかった。もちろん、相変わらずの稚拙な守備や、軽いプレーはある。けれど、それも以前ほどではないし、守備に関して言えば完璧を求めるのは筋違い。元々攻撃のタレントなのだから、守備はある程度目をつぶらないと。そういう意味で、三都主は攻撃の一翼を担っていたし、満点ではないけど不合格でもないと思う。これは、加地も同様。悪くなかった。クロスの精度が怪しかったけどね・・・。


■遠藤の選出と松井の不選出
今大会中、何度松井の姿を探したことか・・・。
少なくとも間違いなく、クロアチア戦に松井が出ていれば効果絶大だった。足の止まったクロアチアにあの独特のステップからのドリブルやパスはかなり効果的だっただろうと思う。なぜ、遠藤を選出したのだろう。遠藤の才能に疑いの余地はない。しかし、いかんせん出る場面が無い。彼は中田のみならず小野をベンチに追いやらなければスタメンには出れないし、途中出場で流れを変えるタイプではない。その上、3番手だと思っていたらなんと中田浩二が先に出た。ジーコは遠藤をどういうプランで使うつもりだったのか。予想通り「得失点差の関係で前がかりにならなければならない局面」は2試合も訪れ、しかし日本にジョーカーはいなかった。唯一ジョーカーになりえた男をみすみす国で留守番させてしまっていたのだから。やっぱりどうしても、松井が必要だった。


■今後の日本代表
4年後4年後というが、何を言っているのだろうか?
違うでしょ。
まず2年後でしょ。
とりあえずまずは北京五輪でしょ
確かに今大会は残念だったけど、国内に残してきた猛者はまだまだいる。
この北京世代にはカレン、本田、増島、鹿島の内田、森本、家永、水野、広島の前田そして平山。
アテネ世代はまだまだこれからだ。
松井、田中、大久保、今野、小林大悟、阿部、磐田の前田、闘莉王、そしてなんといっても長谷部。

今回の代表のメンバだって小野は南ア大会でもまだ30。
元々スピードやフィジカルで売っている選手ではない。
もっともっと円熟味が増して、守備にも攻撃にも大きな影響を及ぼせる選手になるだろう。名波を超えられるのは小野だけだ。

たかだか三回目の、初回のお客様が終わり二回目のホスト国が終わり、事実上W杯出場国として始めての戦いが惨敗だったに過ぎない。日本サッカーはまだまだこれから大きく発展していく。

こんなところで泣いていられるか。


posted by 総さん−ソウサン− at 16:01| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北京楽しみですね♪
新しい監督も楽しみですね。
ジャケなのかな…オシムなのかな…

それにしても…中田。
今までの「中田像」があるだけに、ひと際目立ちましたねぇ…。衰えが。
正直安心して観ていられなかった!俊輔も調子悪そうだし…。何よりプレーがネガティブでしたね…
なぜ伸二を出さないんだろ〜って思いましたね。

三都主…頼むからコースくらいは切ってくれ…。
応援お疲れ様でした☆
Posted by 神のポニーテール at 2006年06月24日 02:26
はじめまして。
武藤さんの所から飛んできました。

中田は、背負ったものが大きすぎたんじゃないかのと思います。
ボルトンの試合の時に、惚れ惚れするようなトラップからパス
見せていた時期もあったんですけど・・・・ね。
ただ、今回はあまりにも仕事が多すぎて、プレーにブレが出来てしまったんだと思います。
もっと、軽くしてあげて欲しかった。
結局、日本は3試合10人で戦ったようなものです。

後藤さんの言葉はあり難かったです。

http://blog.skyperfectv.co.jp/soccer-bb/archives/001/20060623_001508.html
Posted by kirin at 2006年06月26日 10:49
お返事くれて大変申し訳ないです。

>神のポニーテール さん
どもでっす!
僕は、やっぱり中田英のあの姿は「衰え」だとは思わないのですよ。というか思いたくないのかな。ジダンにしても、今までのどの選手にしても、衰えるのは筋力や肺活量で、テクニックって落ちないんですよね。そう考えるとやっぱり、中田は「筋肉をつけすぎた」のかなぁって。

お互い「応援お疲れ様でした」ですね^^

>kirin様
コメントありがとうございます。
中田について「背負ったものが大きすぎた」ですが、どちらかというと「背負ったものが多すぎた」かな?と思います。そして、それは今回の代表に限ったことではなく、始まりはローマ移籍でのボランチ起用による、仕事量の増大(彼の責任感が大きく影響していますが)によるものではないかなと思います。そのために色々な能力をつけすぎて、本来の長所を失くしてしまったのかなと。

後藤さんのVTRまだ見れて無いですごめんなさい・・・。
Posted by 総さん−ソウサン− at 2006年06月27日 20:45
後藤さんのVTR(音声ファイル)はもう見たかな?

リンク先の音声ファイルは一部再編集されているんだけど、
再編集される前の音声ファイル(2分50秒あたりから)で、
この人とんでもない事を発言してるんですけど。

【再編集前の音声ファイル↓】
http://jef-united.tea-nifty.com/0623-3.mp3

酔ってるとはいえ、これがサッカージャーナリストの発言か???
ジェフだけじゃなくて、Jリーグ自体をバカにしてる感じがする。(怒)

*****
この日記と直接関係ないコメントで申し訳ないm(_ _)m
Posted by ストイコグッチ at 2006年06月29日 01:43
>ストイコグッチ
おっす。
まず、一番初めに言わせて貰いたいのは、僕に3000円を返す機会を与えてくれ(笑)ちと最近多忙なのでこちらから連絡します。7月中には是非!

動画はまだ見れて無い・・・。
音出さなきゃいけないからね?
今日帰ってからみようと思います。
ゴトタケさん何を言っちゃったのかしら・・・。
Posted by 総さん−ソウサン at 2006年06月30日 17:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック