2006年06月22日

宮本の存在価値。

この記事はUPしないつもりでした。
クロアチア戦後、ブラジル戦に向けて書くつもりでしたが、当の本人が累積警告で出れない。それで彼について書いてもなぁ・・・と。

がしかし、僕自身が大きな過ちをおかしていることに気づいたのです。
宮本が出ようが出まいが、彼が日本代表のキャプテンであることに変わりはないし、なにより、まだ宮本に出番はあるはず。自分で「裏切られても良いから日本代表の勝利を信じる」と言ったくせに、これはおかしい。僕が書くこの記事だって、後々意味があると信じて書かなきゃだめさ。

ここ最近、特にW杯が近づいてからというもの、宮本の短所に言及したマスコミの記事や、それを目にしたライトなファンの宮本不必要論を目にする。わかってないなぁ。サッカーとはそんな単純なスポーツじゃないのさ。

■宮本の短所
宮本の弱点は百も承知。
上背、瞬発力、フィジカル。
攻撃者におけるフィジカルというものは「あれば良い」という、あくまで個性の範疇であり絶対に必要なものではない。リケルメも中村俊輔も遅い。メッシーは小さい。しかし、守備者におけるフィジカルというものは必要不可欠。なぜなら、その多様な個性を持ったありとあらゆる攻撃者を迎え撃たなければならないから。忍者は小柄でも良いが、門番は小柄で鈍足ではダメでしょう。

そう、宮本は単純に1vs1の守備者としては確かに厳しいものがある。
ただ、サッカーはそんな単純なものじゃない。彼とて、1on1をやっているわけではないのだから、僕が記憶している中でも簡単にぶっちぎられたことはない。無論、そのフィジカルの乏しさが日本代表の弱点となったことはあるけれども。

では、宮本は日本代表のお荷物なのか?
そんなわけはない。そんな選手に代表のキャプテンが勤まるわけが無い。
安易に宮本外しを謳う人はココをあまりに見落としすぎだ。

■ライン統率者としての能力
まず、単純に宮本の個人能力について。
とりあえず言われるほど足の遅い選手ではない(笑)
そして何より、ラインコントロール。この人のラインコントロールは本当に素晴らしい。リスクの高いラインコントロールを宮本は平然とやってのける。平然とやってのけるから、ライトなファンは気づいていないのかもしれないが、あれはDFライン統率者という観点から見れば、本当にデリケートな手綱さばき。ほんの何歩、ほんの数メートル(いやもっと細かいかも)の単位でのラインコントロールなんて、怖くて出来ないさ。宮本だけでなく、ほぼ全てのポジションにおいてフィジカルに課題を抱える日本代表において、このラインコントロールは、中盤のタレントとともに生命線といえる。頭脳明晰な上に、戦うハートや諦めない心を備え、そしてイレブンからの絶対的な信頼を得ることの出来る宮本は、間違いなくDFリーダー、ライン統率者としては国内屈指の能力を持つ男だ。


■守備力
1vs1は弱い。そりゃあ弱い。
でも、言われるほど彼は抜かれたりしてない。
よっぽど三都主の方がドリブルで簡単にやられている。
しかし、守備と言うのはそれだけではない。
危険地帯を即座に見抜き、そこへ真っ先に飛び込む能力。
敵がドリブルで突っかけてきたときに、それをセーフティーに切る能力。そう、宮本は守備センス自体はかなり高い。この人は高さが圧倒的に不足しているだけであって、別に単純に守備力に乏しいわけではない。2002年のW杯、日本の素晴らしい守備を支えたのは紛れも無く宮本だと言う事を忘れてはならない。


■キャプテンとしての能力
宮本のおかげで、どれだけ助かっていることか。
サッカーというものは人間がやる以上、メンタルや空気感、モチベーションに左右される。こと、超一流のプロが集まる日本代表となれば、さまざまな心理ストレスが働き、より一層メンタルコントロールは重要となってくる。そこへくると、宮本は崩れることが無いし、他の選手に与える影響も大きい。今でも忘れないのはアジアカップ2004のヨルダン戦。川口のスーパーセーブばかりが取りあげられるが、あの過度なプレッシャーのかかるPK戦の最中にピッチの悪状態に気づき、流暢な英語で審判に講義し、エンドを変えさせるなどという行為は、宮本以外の誰に出来ただろうか。これはそれまでの日本サッカーの歴史を探ってみてもそうはいない。

中田英「ツネは人と人を繋いだり、前に立って皆のモチベーションをあげたりだとか、そういう部分が凄く上手い」と語っているが、まさしくそれが統率者という面で中田英の持ち得ない宮本の能力なのだろうと思う。中田英にそのようなコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力は無い。自らもサッカーをする人間なら良くわかると思うが、ピッチ内外に問わずチームの安定というものは非常に重要で、結局そこが崩れてしまえばチームは単なる個の集まりとなり、どんな相手にも良いパフォーマンスが発揮できなくなる。人間というのは、チームというのはそういうものだ。

チームを個の寄せ集めではなく、戦う集団とするために、そして選手が遺憾なくその能力を発揮するために宮本が担っている役割はあまりにも大きい。少なくとも「ジーコジャパン」における宮本の存在は絶大だ。

ウイニングイレブンでシュミレーションをして満足しているマスコミなんかにわかるもんか。宮本の能力はゲームで表現できないところにこそ、その真骨頂がある。ゲームの中にいる宮本というお面をかぶったブサイクなAIシステムは中澤に終了間際のオーバーラップを指示することなんて出来ないだろう?ゲームで使うなら宮本の意味なんてないんだ。

だから、このまま終わらせてはいけない。
このまま国民に宮本の能力を見誤ったまま終わらせてはいけない。

日本代表よ。
いや、坪井よ、中澤よ、加地よ、三都主よ、駒野よ。
君達のリーダーをこのまま終わらせるわけにはいかないだろう?
もう一度、我らが日本代表のキャプテンをピッチに連れ戻せ。

そして見せてやるんだ。
バカなマスコミに、僕達のリーダーの素晴らしさを。


posted by 総さん−ソウサン− at 19:23| 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(^^)
トラバ、ありがとうございました。
誘われるように、また来てしまいました(^^;)

総さんの文章、とても好きです。
静かな語り口なのに、根底にとても熱いものを感じます。
今回は、ツネの記事だから、ということもありますけれど、読んでいて胸が熱くなりました。
まるで自分がナカザワかツボイのように、何かをしなくてはおられないような、そんな気持ちになってしまいました(^^;)

そして、長年ツネを見てきた私にとって、こんなにも的確に彼の長所を整然と述べていただいて、もの凄く気持ちがすっきりしました。
事ある毎に引用する、辞書にしたいくらいです(^^)
ツネも、こんなに素晴らしい理解者がいてくれることを知ったら喜ぶでしょうね〜☆

彼は自分が”いたらない”ことを十分知っているけれど、その”己を知る”ということが、いかに人間にとって難しいことか。
彼の素晴らしさを是非もう一度、ドイツで見せて欲しい。

勝利のために、彼のために。
今日もしっかり、祈ります(^^)


Posted by Jenny at 2006年06月22日 21:51
>Jenny さん
残念でしたね・・・・・(涙)
本当に悔しい。
宮本が出れなかったおかげで・・・というのは今日の日記に譲りますね。

>静かな語り口なのに、根底にとても熱いものを感じます

ありがとうございます。
仰るとおり、僕は本来暑苦しい人間です(笑)居酒屋なんかで話していたら、「いやね?それは違うさっ。あんな?」なんて喋りだしてしまうのを、見ず知らずの人も見る前提の文章にするとこうなるのですね(笑)

宮本、海外へ行くべきです。
Posted by 総さん−ソウサン− at 2006年06月23日 16:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

試合に出られない、彼のこと。
Excerpt: みーしゃママさんも日記に書いていらっしゃいましたが、ツネ監修のクラシック・コンピレーションアルバム「ミオ・クラシコ」、私も同じく予約していたので、昨日おうちにちゃんと届きました最初、曲目リストを見て、..
Weblog: BraveHeart
Tracked: 2006-06-22 21:52