2006年06月13日

ヒディングは采配より戦略を評価すべき。

一夜明けて、そして昼休みです(笑)
失意の念が消えないままですが、一夜明けて(夢に出てきて?w)少し冷静に見れるようになりました。

そうすると、あれよあれよと考察が浮かんできて、もう止まらない(笑)
サッカー好きな人はこれ読んで賛否両論楽しんでください。

■サッカーにおける数字という概念
日本人監督はこういうの非常に得意です。
たぶん、ドイツの影響が色濃いからでしょう。
そこに攻撃性における部分においてブラジル的な発想が加わっているのが、今現在の日本人指導者の平均的姿じゃないかな。

ジーコにはこの数字の概念がないらしい。
田中誠がアウトになって、追加選手を呼んだのが茂庭。
DFライン統率者は確実に2から1へと減ってしまった。
その宮本は初戦でイエローカードを貰ってしまった。
ポジション的にもう一枚貰うことは容易に想像できる。というか、そこに対して想像力を働かせリスクヘッジをしない(控えにもう一人おかない)のははっきりいって無謀を通り越して無策だろう。

■ピッチ上の人数換算
また、このブログで再三述べているようにピッチ上の人数換算というものに意識が全く向いていない。昨日の試合は、なるべくしてなった試合であり、それは巷が騒ぐような「結局実力の違い」では到底無い。どう間違っても、オーストラリアよりドイツの方が強い。ブラジルの方が強い。当たり前だが、ビドゥカよりもクローゼやアドリアーノの方が力は上だし、キューウェルよりも確実にシュバインシュタイガーの方が動きはキレているし、ロナウジーニョは言わずもがな。いまさら、個人対個人で遣り合えば劣るのは当然の話。そこを、いかに走りぬいて敵陣にギャップを生み出し、そこに洗練されたパスを送り込み得点機をいかに作り出すかが、日本代表の強みでしょう。

オーストラリア戦は、それが出来る状態ではなかった。
システムなどというものは所詮ピッチ上での人の配置に過ぎない。されど、人の配置だからこそ、それは「戦線における戦力分布」でありとても重要なものだ。それによって、ピッチに立つ戦士である選手の意識も変わってくるのだから。その戦力分布であるシステムにおいて、ジーコの思考には「敵陣との相対的な人数換算」というものが欠如している。

■サイドとセンターDFの相対的人数剰余と不足
再三再四ここで述べているように、サイドの攻防における人数と、センターDFの人数の不一致。敵は1トップ。こちらは3バック。敵のサイドはウイングとサイドバックの二人(これは正確には違ったのだが)。センターDFに3人も割いていれば、サイドの守備はアウトサイドに選手に任せるしかない。三都主と駒野。故に、二人はDFライン吸収されることを余儀なくされ、そしてジーコもそれを選択した。この時点で既に敵に対して後手を踏んでいるのだが、問題はその先。中盤であるはずの両サイドがDFラインに下がるのだから、中盤の枚数は単純に2枚も減っている。その状態でどのように攻撃を構築していくのか。トップ下の人選は中村ではなく、中田でなければもたないだろう。キープ力、守備力、繋ぐ力という点においては、中田英は中村を凌ぐ存在。中村はもっとパスの選択肢がある中でこそ輝く天才。孤立して巨人達に囲まれたまま活躍できるタイプではない。

結局、ジーコの思考回路には「対敵相対人数換算」というものはなく「ガッチリ戦うなら3-5-2」「柔軟にリズムある展開で戦うなら4-4-2」という2択に、一方の選択肢のオプションとして「もっとガッチリ守る5-3-2」という2択+αしかないのだろうと思う。


■ヒディングの周到な戦略
ここへきてW杯初戦、vs日本という見地から考えるヒディングの戦略は本当に用意周到で、これぞまさしく「イヤラシイ監督」の真骨頂だった。マスコミでは、交替カードがあたり策士の采配と称えているけれども、そんなことより僕が評価したいのは、それ以前のこの試合に対する準備。後から見れば見るほど、この監督相手にいかに日本代表、もといジーコが無策なのかが見えてしまう。それほど狡猾な戦略だった。


■日本の弱点
・上背のなさ
・身体能力の低さによる球際の弱さ
・3-5-2における両サイドの守備。

・3-5-2における両サイド
3-5-2の両サイドを突くのは、ヒディングにしてみればもはやお家芸。格好の餌食だ。相手が3-5-2でなくとも基本戦術として4-2-3-1システムを敷いているのだから、相手が3-5-2で挑んでくるのであらばもはや考える必要も無い。自慢のアタッカー陣を相手の弱点に注ぎ込むだけの単純作業だ。

・上背のなさ、身体能力の低さにより球際の弱さ
仮に、日本が両サイドを下げオーストラリアの4-2-3-1に対抗してきたとしても、個人能力でサイドの攻防は上回る。そのうえ、もう一人サイドバックとしてサイドに人材をつぎ込める。サイドの攻防に不安はない。そして何より、中央にはビドゥカがいる。日本が退いてくるなら執拗にサイドを突いて、高い位置からボールを中央へ放り込み、こぼれ球も体格に勝るオーストラリアが拾える確率の方が多い。これで、日本を自陣に釘付けにできる。

そう。
整理してみれば、本当に本当にある一つの事実が浮かんでくる。
「日本が自陣に退いて守備をする」というのは、ヒディングにしてみれば思うツボだったのだ。これ以上の得策はないほどに。それは下記「■日本の長所」でもっと顕著になる。

■日本の長所
言わずもがな、中盤の華麗なパスさばきに流麗なポジションチェンジから成る圧倒的な幅のある攻撃。昨年のコンフェデ、そして先日のドイツ戦を見たらどんな監督でもあの展開は恐るべき事態だったでしょう。あれをまともに発動させたら、鈍重なオーストラリアDF陣では歯が立たない。狡猾で理知的なヒディングなら、まず間違いなくこう考えたに違いない。


「あのパスワークを発動させてはならない」
コンフェデ・ブラジル戦のようなパスワークを展開されたら、オーストラリア自慢のサイドアタックどころではない。中盤の主導権を握られ鈍重な守備陣のプレスはいとも簡単にかわされ、混乱の最中にヤナギサワによって守備陣に致命的なギャップを生み出され、そのギャップを日本のナカムラとナカタは見逃さなずにパスを送り、タカハラやオオグロはドイツ戦のようにそれをゴールに突き刺すだろう。もしもタマーダが出てきたら、その混乱の中PA付近で彼にボールをもたれたら、ギリシャをズタズタにしたそのスピードにオーストラリアDF陣はついていけるはずもない。

事実、試合後にヒディングは日本の中盤をどうにかおさえなければならないと思ったとインタビューで答えている。では、日本のパスワークを発動させないためにはどうすれば良いか?誰しもがそう考えるとおり、日本の創造性を維持する生命線である中村と中田英を潰すべきだ。とくに、中盤の低い位置から有効なパスを連発する中田を潰せば、日本の攻撃連鎖はほぼ食い止められる。

しかし彼ら二人を抑えるのは、彼らに複数人のマークをつけるだけでは無駄になる。もともと長い時間ボールをキープするスタイルではない。簡単にボールをはたかれ、マークが置いて行かれて結局あのパスワークが発動してしまうだろう。彼らを止めるには、彼らに激しいプレスをかけるのと同時に、彼らのパス先の選択肢を減らさなければならない。

その点において、本当にヒディングは狡猾な戦略を練ってきたといえる。日本が3-5-2で臨む場合、パスをまわすためには両サイドが中盤と並列に位置していることが絶対条件。中盤のセンターに3人を割きながら常時両サイドにも一人ずつ常駐させることで、各選手が自ポジションに留まるだけで戦術的リスク無く右へ左へワイドに展開できるのが3-5-2の利点。自ずと、その両翼を後ろに封じ込めてしまえれば、その展開力は半減する。横パスが出来なくなるのだから(ドイツ戦においてよい時間帯だったのは駒野が高い位置を維持していた時間とイコールだということがそれを如実に証明している)。そして、実際上記3-5-2の弱点を執拗に突くことで、ヒディングはそれに成功している。

・2トップへの対応
ココは本当に驚かされた。
たぶん、ヒディングはオーストラリアのDF陣(しかもポポビッチ抜き)では、高さでは勝ててもスピード勝負をされたら高原と柳沢を抑えることは難しいと考えたのかもしれない。なんと、3バックできた。そしてなんとなんと、攻撃時は4バック、守備時は3バックで対応してきたのだ。なんとも理に適った大胆な戦略・・・。

3バックというのは、本来対2トップ用に編み出された守備システム。敵2トップに一人ずつDFがつき、そしてもう一人余らせてこぼれ球を拾う。たぶん対2トップという意味では完璧な戦術だと思う。守備時に3バックにすることで、日本パスワーク第2の基点であるFW陣を潰す。2トップにボールが入ったら、3バックの長所を存分に活かし、果敢にアタックをする。高原と柳沢はそれを中盤にきれいに落とすのが役目だが、中盤の中村と中田以外に、本来いるべきはずのサイドが上がってこない。彼らの落としどころは結局、ほぼ一つしかなかったということになる。オーストラリアにしてみれば、パスする先がほぼ読めているのだから、これほどプレッシングのかけやすい相手もいない。中田と中村に落とすとわかっていて、彼らにアタックすればよいのだし、そのナカナカコンビにも、パスの選択肢が無い。これが日本にまた悪循環をもたらした。

また、攻撃時4バック→守備時3バックという変則システムは別の面でも効果を発揮した。三都主や駒野がボールを保持しても、何か余裕が無いというか、強烈なプレスがかかっているなと思ったが、その答えがこれだった。

攻撃時
======================
□□□●□□□□
□●□□□●□□
□□□●□□□□
□□●□●□□□
□□□□□□□□
●□●□●□●□
======================

 ↓

守備時
======================
□□□●□□□□
□●□□□●□□
□□□□□□□□
●□●□●□●□
□□□□□□□□
□●□●□●□□
======================

4バックの時は、攻撃にタテの深みを持たすためにサイドバックが必要。しかし、守備時には相手がサイドを高い位置で突いてこないのだから、はっきり言って不要どころか、サイドバックとウイングの間に出来るスペースを埋めるため、味方ウイングが下がって対応しなければならない。だったら、4バックのサイドバックを前にあげれば良い(実際はすんなり両サイドバックをあげて対応したわけではないけど)。

3バックの弱点は両サイドの守備。
けれど、その両サイドをつくであろう敵(日本)のサイドの選手は、自分の前にいるのだから、その敵を抑えれば自分の背後を突く敵選手はいない。そして、そうすることによって、敵のサイドの選手を味方(オーストラリア)ウイングを高い位置に維持させたまま二人で挟み込むことが出来る。

結果、三都主や駒野は自軍の低い位置でも強烈なプレッシャーに晒されることとなる。これがまた、日本の両翼を自軍に釘付けになる要素をつくり、尚一層日本の中盤は機能しなくなり、攻撃は単発で終わり、ショートパスはプレスによって掻っ攫われ、またオーストラリアの攻撃が始まる。


こんなことを試合開始からずっと続けられれば、そりゃあ坪井の足の痙攣も仕方なしというものだし、スタミナが減り終盤に集中が切れてしまうのも、もはや筋書き通りというもの。


■今までの敵にヒディングはいなかった
今までの大きな大会、コンフェデ、欧州遠征。
日本は世界を驚かせるコンテンツを見せたことは幾度と無くあり、日本のサッカーファンはそんな時代が来たことに胸を躍らせた。しかし、ドイツにせよブラジルにせよ、チェコにせよイングランドにせよ、誰も、どんな敵も「日本を執拗に分析し、相手の長所を消しこちらの長所を発揮する」という対応をしてきた相手はいなかった。

ヒディングはそこが全く違った。
これでもかこれでもかというほど、日本を分析し確実に弱点を突き、長所潰してきた。これだけのことをされて、勝てるほうがおかしいと思う。

ジーコはあまりに無策だったのではないだろうか??

<このエントリーのTB先>
武藤文雄のサッカー講釈
majestic blue:z-net blog


posted by 総さん−ソウサン− at 12:49| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、無策を通り越して、無能でしょう。
Posted by at 2006年06月13日 23:07
はじめまして。
考察恐れ入りました。

「今までの敵にヒディンクはいなかった」
これが全てのような気がしてきました。
そして、これが「本当の真剣勝負」ワールドカップというコトなのでしょう。

またおじゃまします。


Posted by natsuaki at 2006年06月14日 12:31
>natsuaki 様
コメントありがとうございます。
ヒディングはまた極端に「イヤラシイ系監督」だったということもあると思います。

次節こそ、4バックに戻して積極的な日本が見たいですね。
Posted by 総さん−ソウサン− at 2006年06月14日 16:54
ジーコは今まで3−5−2→4−4−2にしたことはあっても、4−4−2→3−5−2にしたことはない。又、終盤にケーヒル アロイージという「決め球」を投入したことからも、サイドバックを疲弊させ、終盤パワープレイに持ち込む という算段で ヒディンクの謀略にまんまと日本がはまった ということは感じてました。それが見事に数量化 され 何とも言えない気分です。ただクロアチア ブラジルにしろ そういった戦略を巧密には取ってこないであろうことが、今後の救いではあります。
Posted by ロブ at 2006年06月15日 03:49
>ロブ様
そうなんですよね。
「これからの敵にヒディングはいない」
っていうのもまた、事実であり救いなんですよね。あそこまで日本を分析してそれに則したサッカーをするとは思えないし。
Posted by 総さん−ソウサン− at 2006年06月15日 19:02
たしかに日本の攻撃はヒディングの戦略によってかなり力をそがれていました。このヒディングの戦略に焦点を当てる見方ももちろんあると思いますが、私としては、先取点という幸運もあり、80分過ぎまでゲームをコントロールして、オーストラリアに攻めさせてはいるもの得点の予感のない日本のゲームコントロールも評価したいと思うのです。特に先行していますから、2点取られなければ負けることはないという、とても有利な状況下でしたから。普通にあのまま試合が進めば、彼の戦略は大量失点を防ぐという効果しか見えなかったことでしょう。

でも、失点により状況が変わってしまいました。この日当たっていた、川口らしい果敢な失敗による、アクシデントとも言える失点でした。ここで幕引きをしなければいけなかったんです。
悪い状態なら悪いなりにゲームをコントロールするのが、好い投手であり、好いチームです。
引き分けを受け入れることが出来なかったチームに幼さを感じる次第です。

今まではヒディングはいないと言うより、日本が研究されるほど強くなった評価したいですね。相手を尊敬しなければ、日本は強い。あと勝ち点4を取れば、二次リーグです。引き分けも試合に入れた試合運びはまだ日本には苦手なので、勝つしかなくなったクロアチア戦は返ってやりやすいのではと思っています。
Posted by 山田 at 2006年06月16日 07:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック