2006年03月15日

話の原点を見失っている人。

明日から、僕は新しい契約になります。
で、前回書いたように時給が上がるのですが、なんとなんと話が勝手に変わっている(笑)僕は新卒で入ったところもそこそこ大きな印刷会社ですが、今の一部上場の印刷会社でも中身はあんまり変わりません。印刷会社っていう体質があるのでしょうね。話が通じない。論理的な会話が出来ない。物事の本質を見抜くのが苦手。

僕は、今一緒に働いているリーダーと相談して「最低450円UP」と伝えたのですよ。いやまあ聞いたことないUP率ですね(笑)でも、今の派遣会社は低賃金で有名な所で、今の僕の時給は他の派遣会社に行けば、技術も何も持っていない事務のお仕事よりマイナス200円近く安かったりするのですよ。WEBっていう業界、特殊性は結構高い時給が相場で(DTPやプログラマも高いですね)、+450円で相場に届くかな?ぐらいなんですね。

先日、今の印刷会社(派遣先)の管理者と契約について交渉する場があり、そこでもちろん僕はリーダーと約束した通りに要求したのです。

「最低+450円は貰いたいです。それ以上+600とかはさすがにいらないです。自分の人生を考えると良くないと思うので」

その交渉の場で前回書いたとおり「リーダーのポジションを引き継いで欲しい」と言われたのですね。そこで僕は答えました。

「正直、自分のやりたいこととは違うし、自分はまだ人の上にたってディレクション(というよりこれはプロデュースですね)というレベルに行くのは時期尚早で、まだ1ディレクターとして個人プレイで能力を伸ばす時期なんじゃないかと思っています。ただ、今回の交渉についてもリーダーとの相談があり、リーダーの人助けになるならということで来年度3月までと約束させていただきました。今回のポジションを引き継ぐ件も、やはりリーダーが安心して産休に入れるというなら、引き受けたいと思う気持ちもあります。なので、今すぐお答えは出来ません。」

「けれど、もし受けることになるなら、リーダーが産休に入ってから、また時給の交渉をさせてください。」

そうすると管理者は言いました。
「それは、やっぱり、ねえ。それを受けるんだったら+450円だよ。やはりそこは腹をくくってもらわないとね?」というので、おいおいと(笑)コイツ話の原点を見失っているぞと(笑)

「いや、僕はリーダーと相談して約束したのは、リーダーの人助けもあると思い、今の仕事をそのまま来年度まで続けるということを時給をあげるということで了承したのです。リーダーのポジションに着くというのであれば、仕事も責任もプレッシャーも全く違うレベルの仕事になるので、また別の話になります」

「ですから、もし引き受けるならそのタイミングで時給の交渉をさせてください。50円でも80円も構わないのであげていただいて、その仕事に対する励みとしたいからです。」

いろいろ話した結果「キミの言いたいことは良くわかった」と言われたのですが最後の最後に「結局いくらあがることになるのですか?」と問うと「それは見てのお楽しみね(笑)でも、キミがどういう意思を持っているのかは良くわかったから」とのこと。「なんか怪しいな〜」と思っていたら、昨日派遣元の営業さんが来て時給の話に。

「+200円てことなんだけど」
あーあ(笑)予想した通り(笑)
僕が管理者とどういう話をしたのかを伝えると
「でも、やはりいきなり+450円っていうのは難しいよね」
「相手もお金を払ってくれている立場なので中々叩くのはね」
「やはり、業界に入ってまだそんなに立っていないから額としては良い方」
「ウチの派遣で言えばこの期間でそれだけあがるだけでも信じられないぐらい早いことなんですよ」

ああ、コイツも同じ穴のムジナか・・・。
「相手もお金を払ってくれている立場なので中々叩くのはね」って
それはあなたの都合でしょうが(笑)

「いや、これは交渉であって僕が貰いすぎかどうかということでは無いですから。業界の派遣の相場もわかってますし、何よりリーダーの出した相場額ですし。それに、別に僕の時給が高すぎるとか安すぎるとかの話ではなくて、これは約束の話です」

別に、この期間でそのUP率はありえないと判断したのならそう判断してくれればいいし、今の派遣先の印刷会社がそれは払いすぎて無理というならそれでも構わない。僕がこの会社に対して出した条件は、リーダーとの約束である「次の契約から時給が相場に満たないなら、予定通り7月いっぱいで辞めます」というだけ。ほんと物凄く簡単な話ですね(笑)ちなみに、この話は年末から言っている話なので急に出た話でもなかったりする。

今の派遣先で来年の3月まで残るなら時給を相場へ。
他の会社へ行くのなら自給は+50円程度でも僕は構わない。


僕は始めからこの程度の事しか言ってないし、その話をして一度も拒否をされていない。なのに、結果は拒否。

ほんと、仕事の出来ない人の典型みたいな行動パターンです。
交渉事がヘッタクソなんですね。
まあ、僕はもう判断基準ははっきりしているので、判断は楽でいいです。
さてさて「もう一度管理者の人と話をしてみるよ」と派遣元の営業は言っていたのですが、明日から契約更新なのにまだ連絡来ません(笑)ただ、この営業さんは仕事の早い人なのでたぶん止めているのは派遣先の管理者でしょう(笑)この人はありとあらゆることをストップさせてしまうトラブルメイカーなのでね。

話の原点とは、つまりはその話の目的ですね。
それを見失っている人と仕事の話をするのは疲れます。

PS,昨日気づいたんだけど、僕は新卒で印刷会社に入って印刷やらDTPやらの事をプロとして3年間学んでいます。このDTPの知識と言うのはWEBに物凄く役立つ上に、今いる会社印刷会社なわけで(笑)印刷部隊と絡むことや、印刷物と連動することは多々あるわけ。今現在、僕の才能はともかく経験値としては「WEB」より未だ遥かに高い「DTP」の知識を、派遣先も派遣元も全く評価してくれていないことに昨日気づきました(笑)

WEBディレクターの僕がDTPのディレクターにPDFやDTPソフトについてレクチャーしているのにね。おかしな話ですね。


posted by 総さん−ソウサン− at 19:57| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
辞めるべ!そして新天地へ!!
俺の元彼女も色々あって辞めたけど、新しいとこでも色々あったみたい。いずれにしろ疲れる話はありそうだけど、見合った給料もらえるとこがいいんでない?
Posted by じゅん at 2006年03月16日 01:05
印刷会社ってそんなもんなのかねぇ。。。
それで言いくるめたつもりなのかね(汗)なぁ〜んか腹立たしいね。
紙の業界でやってたってのは、WEB業界では結構強みだよなぁとは俺も思う。技術もそうだけど、仕事への取り組み方とかね。
あぁ、働いている場所はうらやましいんだがねぇ
Posted by tomo at 2006年03月16日 01:22
今日また派遣営業さんがきたよ。
詳細は後ほど(笑)

にしても、そうやって伸ばしてこじれるだけ「ココを出て行く決心」
っていうのが強まるってことがわからないのかね。
Posted by 総さん−ソウサン− at 2006年03月16日 16:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック