2007年09月13日

ポスト安倍じゃなくてポスト小泉では?

ポスト安倍ポスト安倍と叫んでいますが、結局「失敗だった」という結論に至るなら、そして指導力、リーダーシップ、発言力等を求める世論を聞くと結局、「第二の小泉」を求めているようにしか見えない。ポスト小泉と謳われた安倍さんがダメで、また他のポスト小泉を探しているという風に感じますねぇ。

世論ってのは怖いですねぇ。
就任時はあれだけ安倍さん、安倍さんって叫んでいたのに少し不祥事がおきるぐらいで、掌を返すように、こうなる。まあ、それは小泉さんの時も同じですけどね。あれだけ持てはやしたのに、就任してしばらくすると叩きだす。そして、辞めるとまたチヤホヤしだす(笑)マスコミに感化されたのもあるでしょうけど、むしろいとも簡単に感化されている人っていうのが大多数なのかなぁと思う。(僕はずっと小泉さん派で、就任前・中・後全て彼は素晴らしいリーダーだと思っています)


安倍さんに指導力がない?
強いリーダーシップがない?
強烈なメッセージ性がない?
そんなもん、就任前からわかっていたことでしょう(笑)
あの小奇麗なオッサンのどこにそんなものを見出していたのか、それの方が不思議です。

当然、僕は就任前から安倍さんは反対でした。
リーダーに必要な上記の資質が備わっていないから。
どの角度から見ても、麻生さんの方がリーダー向きだよなぁって。
どうみても、ブッシュと対等に渡り合えるような個性の持ち主には見えなかった。例えば何の前知識も無い人が見て、安倍さんと麻生さんが並んで話していたら、たぶん7割の人は麻生さんに向かって「総理!」と叫ぶ気がしてならない(笑)

それを踏まえて言えば、安倍さんはそれなりに頑張ったなぁと僕は思います。就任直後から海外へ飛んで友好を深め外交に貢献したり、肝炎問題にも精力的に動いたりと、局面局面ではそれなりに結果は残しているんですよね。大局で見ると、寂しい結果なのですが。

確かに、優柔不断だし、煮え切らないし、お坊ちゃん的な要素満載でいまいちピントがズレているような発言も見えますが、この人の場合そこは目をつぶって他をみるべき人材なのでは?と若造なりに思います。いや、だってそういう人じゃないですか(笑)見るからに。

安倍さんて、いい人なんですよね。
上司にしたら、こんなに過ごしやすい人もいないんじゃないかとすら思います。それが良いか悪いかは別ですけどね。で、いい人はいい人なりに頑張って、それなりの成果を出していたよなぁ、と思うんですね。でも、マスコミも世論も欠点ばかりを責めてそこに目を向けない。

小泉さんの時から思っていることですが、この国の人はトップの人間に多くを求めすぎ、同時に責任の全てを押し付けすぎじゃないかと思います。当然、僕も含めですが。小泉さんが総理に就任して支持率こそ高かったものの、後半はマスコミ含め叩きまくりでした。小泉さんが首相になって、この国は大きく変わったかと言うと、否ですよねぇ。でもね、それ小泉さんの責任にしていたら、変わらないですよ。むしろ僕は「あれだけの変人を持ってしても変わらなかった」なんて思います。人っ子一人変えたぐらいで、国が変わるわけが無い。それを受けて、国民が変わらないと。

今度は、福田さんですか。麻生さんじゃないんですか・・・(汗)
「誠実そうだから」っていう選択理由をよく耳にするのですが、リーダーに一番必要なモノって「誠実」なんですかねぇ。それだったら安倍さんでよかったじゃん、っていう(笑)誠実さがあるに越したことはないですが、もっと必要なモノがあるんじゃないかと思います。

リーダーって、僕は2タイプいると思うんですね。
一つは頭がキレて、オールマイティーにマネジメントが出来る「秀才型」
もう一つは、頭の回転も必要ですが、それ以上に強烈な個性で人を轢き付ける「天才型」

秀才型というのは、ある程度なんでもこなせるので融通が訊くのですが、しかし逆に言うと一人で何でもこなさなければならないので、あまりに巨大なプロジェクトには向かない。

天才型というのは、得てしてその政治力を補う作戦参謀がNo.2にいるものです。天才型リーダーの求心力で組織を生み出し、黒子となる作戦参謀がコントロールする。

秀才型は、天才型の脇で構えるNo.2にもなれますね。
芸人で言うと、天才型は松本人志や、明石家さんま。
秀才型は島田紳助や浜田雅功。
当然、両者とも明確に分かれるものではなく、各々二つの能力をある程度兼ね備えた方々だと思いますが。でもね、天才型は名司会にはあまり向かない。明石家さんまは確かに司会行もこなしますが、あの人は結局自分が輝く事を最優先に考えていますから(笑)そこへくると、島田紳助や浜ちゃんの司会業というのは、全くレベルの違うものですよね。彼らはちゃんとゲストの長所も存分に引き出す。(余談ですが、だからこそさんま紳助のトークは本当に面白い)

こう考えると、安倍さんというのは究極の秀才型、というより「究極のNO.2」だと僕は思うのですね。トップにいるより、NO.2として動いた方が才能が発揮されるような気がします。究極の天才型である小泉さんが生みだしてしまうネガティブな要素を、各所を回って笑顔で「すいません、すいません、悪気はないんです。改革は素晴らしいんです」って動いている安倍さん。これほど似合っている職もないのではないかと、僕なんかは思ってしまう(笑)

その人が、トップに立ってしまった。
しかも、国を動かすなんていう秀才型には向かないプロジェクト。
ある程度、不得手な部分は見逃してやればいいのに、なんて思うわけです。
そしてまた、この方の宿命なのかそういう星なのか、運が悪すぎる。
年金問題や、事務所費流用問題。別に安倍さんの政治によって起こったことではないですよね?安倍さんが総理の時に、明るみに出ただけ。そして、そのあおりで大臣自殺・・・。安倍さんがどうのこうのじゃなく、他の方が総理になったとしても、大問題になったでしょう。仮に小泉さんでも。ほんと、運が悪い。

確かに、このタイミングでの辞職は最悪です。
けれども、それに対して「お坊ちゃん総理」「精神力が無い」「器が足りない」では、何の解決にもならないし、何も生まれないでしょう。安倍晋三という人が、どうしてこうなってしまったのか。どういう心理状態でこの結論に至ってしまったのか。そこを考えないと。単なる個人の資質で結論を下してしまっては、何も解決しない。トップが替わるだけで終わる。

僕は、原因は国民性やマスコミにあると思っています。
再チャレンジと言いながら一切の失敗を許さない国民性(僕も含む)。
失敗の傷口をこれでもかと広げようとするマスコミ。
安倍さんが総理やるんだから。毅然とした態度とか、強いメッセージ性とか、そういうのは諦めなきゃ。その代わり、この人にはその人間性から出る求心力とか、対外性のやわらかさとか、そういう武器もあるのだから。

次の総理に求めるモノ。
当然、「天才型」です。
しかし同時に「天才型」を「天才型」と理解する国民の成熟度も必要だと思います。むしろ、そっちの方が大事かと。小泉さんの発言は、もう本当にリスキーですよ。でも、あの人の発言はたいていが合理主義。「ああ、まあそうだやね」っていう発言が多い。「最小限の犠牲で、最大限の成果を」なんてまさしくその象徴。確かに、デリカシーがないですよ。でも、現実をそのまま伝えたら、大抵はデリカシーがないもんです。デブにデブ、ハゲにハゲ。デリカシーのかけらもない。しかし時に、デブを変えるのはデブと発言する人だったりもする。「そのままでいいんだよ^^」って言ってる人は、癒しにはなれど、改革はできない。

つまりね、「デブにデブって、こいつまたデリカシーの無い事言ってるよ。あ、でもまあ、コイツの言ってることは間違いじゃないし、コイツはこういうリーダーなんだよね」っていう国民の懐の深さが必要だと、僕は思います。それがなきゃ、国なんて変わるわけない。

リーダーは腹黒でも変人を。
それ以前に、国民はリーダーの責任より、自分の責任を問いましょう。

僕も含め、ですよ。


posted by 総さん−ソウサン− at 23:48| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。