2006年08月16日

報連相の質を問え。−A−

@はどこ?ってね(笑)
気になる人は検索でもしてみてください。
いやいやいや。それはイカン。@はココです。

さて、今回は職場で年末に起きた事件についてです。
事件てなんか仰々しいな(笑)
事件とは、僕の同僚のWEBディレクタUさんが、なんとファイル管理していた原稿を置きっぱなしにしていて、年末大掃除の際に捨てられてしまったのです。こりゃあ大変ですよ。制作の業界にいる人ならわかると思いますが、原稿を失くすってのはプロとして大罪です。お客様から特注の料理を頼まれ、レシピをいただいたのにそれを失くすようなもんです。大変でしょう?

これだけ聞くと「なにやっとるんじゃUさん」という話になりますが、Uさんにも情状酌量の余地はあるんですよ。当時の職場は、もうほんっとうに狭くてディレクターのスペースは机四個にディレクター四人だけ。それでもういっぱいいっぱい。そのうえ、棚も一つしかないし、袖机もない。収納スペースが0に近いのですよ。そしてまた、Uさんの席がファイルを置く棚から離れているんですね。物凄く頻繁に使うのに(分単位)、場所が遠い。しかもファイルと言ってもBIGサイズのものなので相当重いのです(ちなみにUさんは女性)。行ったりきたりしていたら正直仕事になりません。なので、忙しい年末はファイルを足元の隅(壁ぎわ)に並べて置いて管理をしていたのですね。それでも、極力棚に戻すようにはしていたようですが、その大掃除で捨てられてしまった日は、夜から用事があり急いでいたため、翌日ももちろん使うためにそのままにして帰ったのですね。Uさんは新婚さんで、なんと挙式もまだあげていないというホヤホヤの奥様なのに、この次期は忙しくて帰宅が11時〜12時過ぎ。その日は結婚式の打ち合わせがあるとのことで、相当焦っていて、まああまり責められないですねえ。もちろん、完璧論を求めればファイル管理を足元で行うべきではないですが。

突然捨てられてしまったことに、我がWEBチームのリーダー(こちらも女性)は年末清掃を取り仕切っていた営業Nさんに食って掛かりました。そうしたら「何言ってるんだよ。ちゃんとメール送っただろ」と。言われてみりゃあ、確かにWEBチームにもそのメールが来ていたのですよ。これは分が悪い。しかしリーダーは納得できず「そんな大事なこと、ちゃんと電話で言ってよ!情報がおりてこなさすぎ!」と怒ったのですが「メールでちゃんと連絡しているんだし、上から報告が降りてこないのは制作部の上の人間の報告漏れでしょ。俺に言われても困るよ。俺はちゃんと連絡してるんだし。」と返されて、またまた分が悪い。まあ、正論ちゃあ世論ですからねえ。リーダーも頭に血が上っていて、同じことしか言えなくなっていてね。凄く能力が高くて人を惹き付ける力がある人なんだけど、ちょっと頭に血が上りやすいのが彼女の欠点。そして話してるうちに営業Nさんが砕けてきて「捨てたなんて言って無いじゃん(笑)どけただけ。裏の倉庫に置いてあるよ」とのこと。性格悪いなあ(笑)「ちゃんと整理しないから、警告としてやったんだよ」と。

リーダーが涙を流すほどに錯乱していたので、そのNさんが出したというメールを僕は読み返してみました。そうするとこれがヒドイのなんのって。結論から言うと、Nさんはよくいる「仕事が出来ると思い込んでいる系の鼻っ柱が強い奴」的な人でした(笑)

=====================================
お疲れさまです。
営業のNです。

12月26日(月)もしくは27日(火)
明日に一斉清掃を行いたいと思います。

午前中は課会にて本社の為、都合を各自連絡願います。
*AルームのごみはすべてBルームへ移動させてください。

Mさま(Nさんの部下)
12月28日(水)の 9:30にて4輪手配願います。

よろしくお願い致します。
======================================

この人は社会人何年目なんだろうって思いました(笑)
このメールのダメな部分を列挙していきましょう。

■宛名が無い
なんでなのか知りませんが、この会社の人は宛名を入れない人が多いんですよ。基本的なことなのにねえ。一体誰に宛てたメールなんですかね?クライアント本社に分室を持つ「Aルーム」と本社近くにて借り上げている「Bルーム」があります。簡単にわけるとWEBチームがBで、印刷チームがA。営業はAルーム。さて、このメールだけを見て、これは「Aルーム向け(情報共有のためBルームにも送る)」に送られたのか、それとも同じクライアントを持つグループとして「A&Bルーム向け」に送られたものなのか。さっぱりわかりませんね(笑)

■一斉清掃とはなんなのか
誰が、どこを、どのように清掃するのか。全く見えてきませんね。清掃用の人員を呼んでいるのか、はたまた場所を空けるべきなのか、それとも普通に自分達でやるのか。そのためには何が必要なのか。どのくらいの時間をとって、スケジュールを調整しなければならないのか。具体的に何をするのか。人を動かす発言である「言動」ではなくて、これでは「言象」ですよ。

■都合を各自連絡願います。
いったい何の都合を連絡しろというのでしょうか?
掃除をするための時間?掃除を終える時間?ゴミを出す時間?情報が全く特定できない。何をするべきなのかもわからないのに、スケジュールなんかあけられないよ(笑)作業時間が見えないんだからねえ。

誰にいつ何を伝え何を求めているのか全て不透明なメール。これ、メールの機能を何も果たしていないですよねえ。これで「俺はちゃんと連絡したんだから」ってちゃんちゃらおかしいですね。どこが「ちゃんと」なんだろう(笑)もちろん、こちらにも落ち度はありますよ。届いたメールの意図がわからなければ、当人に確認するべきです。わからないまま流してはいけません。基本的なことですね。しかし、こちらは日に100通以上のメールが流れてくるのですよ。全部が全部自分宛てではなく情報共有としてのメールも頻繁に来ます。その中から一つわからないことがあって、しかもそれが社内業務なら当然後回しですね(笑)

だから、見逃して当たりまえということではないです。当然、見逃してはなりません。そんなことを許容していたら事故が起きる。がしかし、「大事な原稿を捨てられた責任」を全てこちらに押し付け、その原因を「メールをちゃんと確認しなかったから」としては、あまりに危険すぎるでしょう。というか、もしそういう会社があったら、ビジネスは成立しませんね。それだと「どんなに適当にメールを送っても、確認を取らない相手が悪い」ということになってしまいますから。アホらしいですねえ。コストパフォーマンスから考えても、まずあるべきは「情報をしっかりとインフォームできるフォーマットでメールを送る」が最重要で、それでもわからないものが出てきたときは確認をしなきゃいけないってのが、本筋のはず。手間が増えますから(笑)

■スキルはあるがビジネスは出来ない人
このNさんという人は、他の仕事のやり方を見ていてもそんな感じです。アタマの回転は悪くないので個人としてのスキルは高いんですよ。でも、仕事は一人では出来ない。人と人とを繋ぎ、プロジェクトを成功させるためには、スキルと同時に、いやそれ以上にビジネスが出来ないとだめ。この人もう32なんですけどねえ・・・。

何より、この人印刷会社の営業さんで、取り仕切っているのは制作系の案件なんですよ。印刷自体じゃなくてね。WEBにしても、紙媒体にしても「いかにユーザーに情報を伝え、アクションを起こさせるか」ということが大事なのに、それを声高に叫んでいる営業が、こんな情報の読み取れないメールを送るんじゃ説得力無いですよね。


posted by 総さん−ソウサン− at 23:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。