2006年06月12日

日本代表の鍵を握るのは福西。

W杯始まりましたね。
面白くて面白くて眠くて眠くてしょうがありません。
ビックリしたのが、民放及びNHKでの試合放送の多さ。
今の所、ほぼ全ての試合をどっかしらでやっている気がするのだが、果たしてどうなんでしょう。実況の稚拙さはともかく、とても嬉しい事態。スウェーデンvsトリニダード・トバコはちょっと感動してしまいました。

さて、我らが日本代表。
今日からW杯参戦です。もうドキドキしてドキドキして・・・。
昼休みなのにこんなこと書いちゃってます(笑)

マスコミでは中田がどうだの、中村俊輔が鍵を握るだの、ビドゥカvs中澤だのと騒がれておりますが、僕が注目しているのは福西。彼の出来次第で日本の行方は決まるとすら思います。

■日本の"らしさ"
鍵は「ボール奪取能力」。
日本が日本らしさを発揮するためには「相手に走り勝って自分達のスペースを作ること」by中田英ですが、それは言わずもがなこちらがボールをキープしている状態の話。無論、守備だって走らなければならないが日本"らしさ"という話であれば、やはりそれは攻撃についての話に偏る。絶えず動き、スペースを作り、ワンタッチ・ツータッチでパスを繋ぎフィジカルコンタクトを裂け、技術と速度の勝負をさせる。そうすると「敵をおちょくる様なプレー」by中村俊輔が可能となる。

つまり、彼らが言っているのは全て「自分達の技術をいかに発揮するか」ということ。日本が誇る中盤の長所は紛れも無くそこ(技術)にある。そのためには、走りぬいてスペースを作るだけでなく、そもそもそのチャンスを数多く作ること、そしてそのチャンスを有効に活用することが求められる。要するに、守備にせよ攻撃にせよ走りぬいたところで、マイボールになる回数が少なければ意味が無いし、その成功率も高くないと相手にとって脅威とはならない。そのためには、まずFW陣にビシっとキレイなボールが入らないとチャンスにならない(日本の崩しのパスワークはそこから始まることが多いから)。自ずと、そこへボールを入れる中田英と中村俊輔がいかに良い体勢でボールを持てるかが、重要となってきます。

■長所を発揮するには
では、その二人が良い体勢でボールを持つにはどうしたら良いか。
我らが日本代表DFラインには頼りになる中澤がおり、各国エースとの対決において彼ほど心強い存在は、まず日本国籍を持つ者において他に存在しない。がしかし、毎度毎度彼にお世話になっているようでは、たぶん日本に良い結果はもたらされないでしょう。中澤は、エースに入ってきたボールを跳ね返す働きとともに、それと同じかそれ以上の時間「敵エースストライカとのせめぎあいで相手を疲弊させる」という働きに没頭してほしい。いや、してもらわなければならない。

中田英の言う「走り勝て」というのは、つまり攻撃と同時に中盤でのプレッシングも意味することになり。=それは高い位置でのボール奪取が必要ということ。さて、では日本代表の面々、それもDFラインを除く7人にボール奪取が期待できるだろうか。中村や大黒、柳沢のように、そして世界を見渡せばアイマールやメッシーの様に、攻撃というセンテンスにおいて、体格や瞬発力等は必ずしも必要と言うものではない。体が小さくても、足が遅くても攻撃は出来る。しかし、守備は違う。相手を追い込むことは出来ても、最後の最後ボールを敵から毟り取るには、フィジカルが必要不可欠(故に宮本は1vs1が弱く、中澤が重宝される)。

日本はたぶん、中盤に網を張り敵を包囲する能力は高い。今の個人能力を持ってすれば世界のどこ相手でもそれなりの高い連動したプレッシングができるとだろう。しかし、敵を囲んでからいざボールを奪う作業となると著しく弱い。だから、プレスをかけているにも関わらず2〜3人がするするっとかわされてピンチを招いてしまうことがある。たぶん、単純なボール奪取能力で言えば、日本はアジアでもトップクラスには位置していないでしょう。

■ボール奪取における第一人者
では、誰がボールを奪うのか。
中村俊輔、三都主、駒野(+FW陣)はお世辞にも期待できない。
やはり、1番手は福西だと思う。彼が、味方と連動しいかに高い位置でボールを敵から奪えるか。そしてイーブンボールをいかに拾うか。ココに代表の命運がかかっている。敵エースストライカにボールが入った後も、中澤とサンドイッチにするのは彼か中田英の役目だ。中田は攻撃への責務もあり、守備にばかり没頭しているわけにもいかない現状を踏まえれば(そして一発でかわされてしまう守備のギャンブル性も踏まえれば)、福西のボール奪取能力にかかる重みは相当なものだ。

以前にも書いたが、福西は"ボランチ"としては限界があると思う。必要最低限なテクニックやパスセンスが無い。しかし"守備的MF"として捉えれば、テクニックやパスセンスも一定の水準にあると思う。無論、フィジカルや守備も十分に世界で戦えるものを備えていると思う。守備センスには、もうひと伸び欲しいところだが・・・・。

本来なら、ここにはやはり今野が欲しかった。
豊富な運動量に、身を投げ出してもボールを止めようとする体を張った守備、球際の攻防の基礎となる守備センス。そして意外に高いパスセンス。大舞台にも物怖じしないメンタル。どんな劣悪な環境にも弱音を吐かないファイティングスピリット。フィジカルも申し分なく、我らが日本代表の足りないものを埋める存在だったと思う。


松井とともに、間に合わなかったアテネ経由に心を馳せても仕方ないか。
今日は、いや今大会やはり、そんな彼らを押し退けて代表レギュラの座にドシっと構えた、我らが誇る"守備的MF"の出来に注目したい。

願わくば大会後、中村や中田英ら"アーティスト"の活躍にわめくマスコミを尻目に、専門誌で称えられる福西の姿を見たい。



posted by 総さん−ソウサン− at 15:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。