2006年04月04日

ジュビロの迷走は監督の矛盾。

開幕して何試合かジュビロの試合を観たが、どうにも希望が持てない。
著しく弱くは無い。が、強くも無い。そしてもっと問題なのは将来性が全く感じられない。このサッカーを続けて、山本監督はジュビロをどこの頂へ登らせるつもりなのだろうか。現状のメンバを見て4-2-3-1を採用したのは、わからないでもない。が、問題はその次。メンバ構成がわからない。

まず、4バックの左右。
右の鈴木は確かにスピードはまだある。
しかし、この選手は足元が弱い。基本的にはセンターバックの選手なのだ。今日のサイドバックという資質において「スピードがあるだけ」では、いくらJでも通用しない。また、自慢の守備にも陰りが見える。浦和戦を生観戦したが、いくらなんでも、相手が代表選手といえど3度同じ方法(これがまた芸が無い三都主お得意のブリッジ)で抜かれるなんてのは、以前ではありえなかったこと。速度自慢のDFである鈴木なら特に。

左の服部はもっとお粗末だ。
ともかく、遅い。そしてこの選手も足元がおぼつかない。
Jの下部組織育成により、年々選手の基礎ボールコントロールはあがっている中で、服部の技術、精度はかなり苦しい。ただ、そもそもが技術で売っている選手ではない。悲しいかな、ピッチ上で苦しさを露呈していたのは、長所の減退だ。この選手は、速度は無いが敏捷性は必ずしも低くないし、スタミナはリーグでも5指には入る資質を持っていたと思う。それが、今は無い。

この選手が、ジュビロの黄金期において、左MF、ボランチで輝かしい成績を残せたのは、そのスタミナ、敏捷性が高かったからだ。足元が弱くとも、よく走り、レスポンスをあげて人より先にボールに触れる。だからこそしっかりとボールが保持でき、正確なパスを次へと繋げられたのだ。そして、そのフィジカルを利用してあの圧倒的な守備力を手に入れた。遅い体、おぼつかない足元で敵と同時に競っていてはこの選手はボールを我が物にすることは難しい。だから、局面局面で今は1対1に敗北してしまう。

浦和戦において、浦和右サイドでCKからのクロスのこぼれ球を拾った長谷部は後ろ向きから意表をつく反転を見に施し、ほぼ一拍も置かずに高精度なクロスを再度放り込み、浦和に先制点をもたらした。その際、長谷部についたのは服部だった。長谷部は確かに素晴らしい。体の切れ、運動量、技術、申し分ない。しかし、服部は間違ってもあそこで足の出ない選手ではなかった。少なくとも以前の服部(全盛期に限らず)は「絶対に抜かれない選手」だった。アトランタ五輪であのジュニーニョを抑えたのだから。

この二人を同時にピッチに送り込んでいては、球際で勝負に負け相手にある程度バランスが傾いてしまうのは仕方ない。加えて、そこに名波だ。僕は名波狂信者なので(笑)彼を否定したいわけではない。ただ、確実に衰えは来ている。週一出場にとどめているのも、爆弾を抱えている右足を懸念してのことだし、スタミナ、フィジカル、クイックネスは確実に落ちている。依然として、日本を代表する「タクトをふれるMF」であることに疑いは無い。そのリズム、転調は見事の一言。しかし、今の名波は以前の様に中盤を走り回り、泥臭いプレーも厭わず、危険地帯へ突っ込めるようなプレーの出来るスーパーボランチではない。結局、ベテランはベテランなのだ。

ベテランを軽視しろというわけではない。ベテランにはベテランの良い所がある。経験を活かし、試合を読むことが出来る。しかし、サッカーの基本である1対1は勢いのある若手には劣る。ベテランは大事だが多すぎてはサッカーにならない。福西や田中誠にしても、若くはない。メンバ構成の占めるベテランの割合が多すぎるのだ。その先に一体何があるというのか。

なぜ、若手を起用しないのか。
このクラブには他の中小クラブからすれば贅沢ともとれるほど有望な若手が存在する。成岡は若いようで新人クラスではない。菊池もしかり。船谷、西野、太田・・・。鈴木に頼るぐらいなら、太田に希望を見出す方が間違いなく将来があると思うのだが。左だって同じ。村井を一列下げるなり、グランパスの本田のように船谷を入れたって良い。菊池だってユーティリティー性の高い選手だ。

もっとも解せないのは成岡であり名波だ。
一体山本監督は名波に何を求めているのか。
4-2-3-1のトップ下は、2列目というよりは1.5列目。
半分はFWやアタッカー的な動きが求められる。
密集地をすり抜けるドリブル。マークを振り切るスピード。せまい地域でも難なくボールを運んでみせる高い基礎技術。そして何より、突破力と得点力。個人打開能力が高く無いと勤まらない。

名波に勤まらない事は無い。しかし、名波のもっとも活きるポジションではないし、そこに名波をおいてもはっきりいってJのトップクラスのプレーコンテンツは披露できないだろう。足も遅い、フィジカルも落ちている、ドリブル突破も持っている能力の本線ではない、スペースへの飛び出しも得意ではない。そんな名波をなぜそこへ置くのか。

名波と言う希代のコンダクターの能力を使いたいなら、彼の居場所はそこではないだろう。もう一列後ろのはず。そこでこそ、プレッシャーから解き放たれチームを後方からビルドアップする際の、高性能な司令塔としての能力を発揮できる。

そう。名波と言うベテランに頼りたいのならば、中途半端なことをしていては意味が無い。なぜ、ファブリシオなのだ。控えにしてでも名波をボランチで先発させるべきであるし、1.5列目にはこれ以上無い潜在能力を秘めたうってつけの人材がいるじゃないか。クラブは1.5列目という任務において日本を代表す才能を発揮した、クラブ史に名を残す「名波の相棒」の後継者として成岡にその背番号を今季から託したのではないのか。

若手を積極的に起用しないこと。
日本を代表するコンダクターを「浪費」しているメンバ構成。
山本監督の言う「世界」とはどこにあるのだろうか。


posted by 総さん−ソウサン− at 19:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。